美白肌は美白対策から

美白肌は美白対策から

美白対策で美白肌を目指しましょう!

記事一覧

紫外線対策と美白対策続きその1

いろいろな美容液や化粧品で美白効果を期待しても、日々の日焼け対策をしっかりしておかなければ、次から次へとシミが出てくる可能性があります。
そうした、シミのもと、メラニン色素を増やさないためにも、紫外線対策はしっかりとしておきたいものです。
さて、日焼け止めに表記されているSPFというものがありますよね。
このSPF20やSPF50などの日焼け止めをよく見かけますが、数字が大きいほど、日焼け止め効果が長く続きます。
ですが、あまり強いものですと肌にダメージを与えるので、普段の生活でしたら、SPF20程度で十分でしょう。
外でのスポーツ、海岸などにレジャーに行く際は、もう少し強いSPFのものを使えばよいだけで、普段、外に出る分にはSPF20の日焼け止めで大丈夫です。
また、汗をかくとおちてしまう日焼け止めは、まめに塗りなおしたほうがよいですね。
美白対策として、美白成分も入った日焼け止めも人気があります。
紫外線をブロックしながらも美白効果を高めてくれるものですから、より美白対策に力を入れたい方はこうしたものを使うとよいですね。
日焼け止め効果もあり、美白対策にもなる化粧下地などもありますから、これらの化粧品を使うと良いでしょう。
例えば、商品としては、ホワイトロジーブライトのUVプロテクションというものがあります。
これは、薬用美白、日焼け止め乳液として販売されていて、使い続けると肌に透明感が出てくると言われています。

美白を目指す上で大切なターンオーバー

美白になる方法と聞くと、さまざまな化粧品や薬品などが思い浮かびます。
普段から美白になるために、いろいろな製品を購入している人も多いでしょう。
しかし、美白を目指す上で大切なことは、もっと基本的なところにあります。
それは「ターンオーバーを活性化させる」ということです。
細胞は、常に生まれ変わりを繰り返しています。
肌にはさまざまな層があり、表皮の底にある基底層で生成された肌細胞は、28日間で肌の表面に上がってきます。
これが新しい角質になるのです。
つまり、これが正常に行われていれば、古い角質が取れて新しい透明感のあるキメが整った角質と交代するわけです。
赤ちゃんや、小さい子供の肌がキレイなのは、このターンオーバーが活発に行われているからなのですね。
しかし、ターンオーバーは加齢と共に衰えてしまいます。
なぜなら、表皮の下にある真皮が老化してしまうからです。
真皮は肌における土台ともいえるもので、これが弱ってしまうと、表皮まで弱ってしまいます。
そのためしっかりとターンオーバーが行われず、古い角質が残ってしまったり、肌の中にメラニンが残ってしまったりするわけです。
ターンオーバーを正常に行わせるためには、普段からの努力が必要です。
まず血行をよくし、栄養がきちんと行き渡るようにします。
そして、健康的な食事、十分な睡眠、適度な運動が代謝の力を高めてくれます。
どれも特に変わった方法ではないですが、しっかり継続しようとするとなかなか大変です。
美白を目指すためには、こういう基本的な方法が大切なのです。

紫外線対策と美白対策

美白対策として使える化粧品の中で、紫外線をブロックしてくれる日焼け止めはとても大事な存在です。
シミを増やさないためにも、紫外線は一年中、ブロックしておきべきでしょう。
夏だけ、日焼け止めを塗るということはもう古い常識です。
一年中、日焼け止めを使ったり、日焼け止め成分が入った化粧下地を毎日、使ったり、紫外線対策は日々、行なうことが正しいです。
現在では、実に様々な日焼け止め関連の化粧品が発売されていますよね。
フェイスクリームや、ボディクリームに日焼け止め効果が入った商品もあり、普段のケアで、日焼け対策ができるようになっています。
もちろん、美白対策は顔だけではありませんので、こうした体用のクリームに日焼け対策がされていることは便利ですよね。
日焼け止めの化粧品を使う際は、自分に合ったものを使用することが一番のポイントになります。
例えば、人によって乾燥肌の方、脂っぽい肌の方もいらっしゃるでしょう。
オイリー肌の人が、べっとりとしたオイルタイプの日焼け止めを使うと肌の状態が余計に悪くなります。
乾燥肌の方でしたら、しっとりタイプの日焼け止めがおすすめです。
敏感肌の方には、ノンケミカルタイプの日焼け止めが肌に優しいのでおすすめです。
そして、スプレータイプの日焼け止めもありますので、顔や身体にまんべんなく塗ることができてとても便利です。
顔の部分によって、乾燥していたり脂っぽかったりする方は、場所によって日焼け止めを使い分けるとよいでしょう。