カテゴリー:美白 方法の記事一覧

美白肌は美白対策から

美白対策で美白肌を目指しましょう!

カテゴリー:美白 方法

美白を目指すには、まずシミ対策を

若い頃にそこまで美白に注意を払っていないと、年齢を重ねてきてから後悔することがあります。
中でも気になるのが、肌にできてしまったシミです。
美白を目指すには、肌にあるシミと、古い角質層によるくすみをなくすことが重要です。
シミには、「肝斑(かんぱん)」「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」「雀卵斑(じゃくらんはん)」という種類があります。
肝斑は30代から40代によく出来るシミで、妊娠中にできやすいと言われています。
顔の左右に対称にできるのが特徴です。
老人性色素斑は、名前とは異なり、早ければ30代で現れてきます。
長時間紫外線を浴びることで、メラニンが過剰に作られることで出来るものです。
紫外線を浴びていた時期から5年以上経ってから出来ることもあり、また、若いときに紫外線を浴びていた人ほど出来やすいとされています。
雀卵斑はいわゆる「そばかす」のことで、子供のころから現れます。
こちらは外的要因というより、遺伝的要素が強いものです。
これらのシミを消すための方法は、大きく分けると3つあります。
ひとつが、レーザー治療などの医学的方法。
もうひとつが、美白成分配合のスキンケア用品を用いる方法。
そしてもうひとつが、サプリメントや美白ジュースなどで内側からシミを撃退する方法です。
レーザー治療はシミの種類によって効果が変わってきますし、やはり信頼できるクリニックを見つけることが大切です。
スキンケア用品は、メラニンの増加を抑制し、ターンオーバーを活性化するものを選びましょう。
サプリメントは、ビタミンCやビタミンAが配合されたものがお勧めです。
肌の状態などによって、いくつかの方法を併用するのも良いでしょう。

赤い色のジュースで美白を手に入れる

美白になるための方法は世の中にたくさんありますが、簡単にできて、お金がかからないものが一番ですよね。
簡単にできる美白の方法として、「赤いジュースを飲む」ということが挙げられます。
赤い色のジュースには、ポリフェノールがたくさん含まれています。
代表的なのは、赤ワインですね。
ポリフェノールは肌の活性酸素を取り除き、シミやしわの原因を防いでくれる働きがあります。
そのため、紫外線に関するトラブルなどにも効果が期待できます。
日焼け止めや美白化粧品を使っているのになかなか効果が実感出来ないという人は、1日のうちに1回は赤い色のジュースを飲むことをお勧めします。
それでは具体的に、ポリフェノールがたくさん入ったジュースをご紹介しましょう。
ジュースは果汁濃度が高く、果皮や種子も一緒に抽出されているものがいいですね。
活性酸素吸収値が、赤いジュースの中で最も高いのがザクロジュースです。
渋みの成分が、細胞の炎症やコラーゲンの分解を抑制する働きがあります。
光により肌老化にも、とても効果的です。
たくさんの栄養素が含まれているのが、クランベリージュースです。
ビタミンC、キナ酸、アントシアニン、アルブチン、フラボノイドなど、多様な栄養素が含まれています。
昔は解毒剤にも使われたようですね。
少し酸味が強いですが、肌のハリや透明感の向上に大きな力を発揮してくれます。
目の疲れにも効果的なブルーベリージュースは、殺菌効果や抗炎症作用もあります。
シミやしわだけでなく、たるみ防止も期待できるという点も嬉しいところです。
これらの赤いジュースを飲んで、さらなる美白を目指しましょう。

手の美白について

美白というと顔のことばかりを考えてしまいがちですが、意外と手も人によく見られています。
シミのないキレイな手で、相手を驚かせてみませんか。
基本的に手も肌の一部ですから、スキンケアの考え方や方法は、顔とさほど変わりません。
ただ、顔と違い、手は1日に何度も洗う機会があります。
もちろん手を洗えば、せっかく塗ったクリームも落ちてしまいます。
そのため、常に塗っておくという習慣をつけることが大切です。
使用するクリームは、通常のハンドクリームより美白クリームの方がお勧めです。
ハンドクリームは肌荒れや保湿対策のものが多いので、美白成分が多く入っているものを使用しましょう。
顔のことを考えると、いきなりクリームを塗るということはしませんよね。
時間に余裕がある場合は、手にもまず化粧水を塗ることをお勧めします。
これにより皮膚が柔らかくなり、クリームが浸透しやすくなります。
化粧水を手に塗る場合は、コットンに含ませてやさしくパッティングしましょう。
さらに時間があるときには、コットンを小さく分けて、指の上、手の甲にそれぞれ乗せ、3分ほどパックするのもいい方法です。
また、せっかく良い成分が入った美白クリームを塗っても、手の血行が悪いと効果はあまり期待できません。
血行をよくするために、ハンドマッサージをするのも美白効果を高める方法としてお勧めです。
もちろん美白だけでなく、UVケアもお忘れなく。
UVクリーム、UV手袋、日傘などでしっかりと紫外線を防ぎましょう。

中学生から美白を考える

小学生の頃はまだしも、中学生になり、異性を意識しだすと、自分への興味も高まってきます。
女の子だと、美白について興味を持ち出す人も増えてくるでしょう。
昔に比べると、今は紫外線の量が増えているため、中学生くらいからきちんとケアしておかないと、大人になってから後悔することになりかねません。
毎日の通学、体育の授業、部活など、中学生は大人に比べて紫外線に当たる機会も多いものです。
まったく日光に当たらないという方法では、健康にとってもよくありません。
極端な方法は、それはそれで問題が生じてしまいます。
中学生からの美白を考える上で一番考えたいのは、やはり紫外線対策です。
UVケアが最も基本となるのではないでしょうか。
紫外線は一年中降り注いでいるため、日光が強くなる夏だけでなく、冬でもしっかりと日焼け止めを塗っておきたいものです。
冬ならSPF15~20、夏ならSPF30~50の日焼け止めを使うのがいいでしょう。
中心に塗るべき場所は、やはり顔のTゾーン、あるいは頬です。
また、混同しがちですが「美白ケア」と「UVケア」では意味合いが変わります。
美白ケアはメラニンへの対策、UVケアは紫外線への対策となります。
美白ケアの化粧品となると高価なものが多く、高いものだと1本1万円以上は当たり前ですので、さすがに中学生には簡単に買えるものではありません。
ドラッグストアにはもっと安いものもありますが、効果は薄いといわざるを得ません。
そのため、中学生の間はUVケアを中心に考えることが重要です。