Pocket

まだある! メンズ 美白を便利にする3つのツール

石川県 加賀市 エステサロンrelax&beautyRimaNatura リマナチュラ〜痩身&小顔&肌質改善〜

乾燥肌・敏感肌の方でシミ.シワ.たるみ.毛穴.ニキビにお悩みの方の肌再生術✳︎肌再生バクテリウムピール✳︎60分7000円(税込7560円)

肌再生促進【SBSトナー(リボーニング)】✳︎肌育菌✳︎(乳酸桿菌&枯草菌)

ピーリングではなく「リボーニング」という方法で肌再生を行なっていきます。
リボーニングとは?
肌育菌(乳酸桿菌と枯草菌)と酵素の働きにより古くなった細胞を早期に押し出して肌再生を促します。
・乾燥肌.小じわ.たるみの改善・敏感肌.赤みの改善・しみ.くすみの改善・オイリー肌.毛穴.ニキビの改善
角質&毛穴&深層部にダイレクトにアプローチ

バクテリウムピールの効果はこちらをクリック↓モニター様の結果

✳︎肌質改善をされたい方は4〜8回を7〜10日に1回がオススメ

–コース内容–①クレンジング
②超音波毛穴洗浄
③SBSトナー(リボーニング)
④ニュートラライザー(繊維芽細胞増殖&鎮静)
⑤潤い美白パック(パック中にデコルテマッサージ)
⑥お仕上げ

全メニューはこちらをクリック
MENU

電話で予約する☎️【0761769438】☎️
ご予約フォームで予約する24時間受付中💌【ご予約フォーム】💌
公式LINEで予約する24時間受付中💌【@rimanatura】💌

(施術者1人の為、施術中はお電話に出れません。手が空き次第すぐに折り返しをさせて頂きます。)
〒922-0404石川県加賀市源平町47営業時間10:00〜22:00(最終受付20:00)
✳︎女性の方のご紹介のみメンズの施術を承っております
InstagramやってますFollow MeInstagramhttp://instagram.com/rimanatura

メンズ 美白コレで決まり!

MTFあかりの記事にようこそ

今回更新の項目とお知らせ
ブロギノバ、切れちゃった注文してるんだけど間に合わずエレクソールで補ってまーすそのエレクソールなんだけどもうすぐ1ヶ月、肌がさらに白くなって表情が柔らかく?なった気がする………………………………………〜Since〜
2012・10・26
今現在あかりのホルモン服用数と種類エレクソール100…1/2錠×2
(エチニルエストラジオール)ブロギノバ…3錠プロベラ…10mg1/2錠………………………………………
あかりのホルモン服用の変化
1年目お肌に変化が出ました
キメが細かく、すべすべにわかりやすい部位で言えばひじ、ひざです
2年目身体に変化が大きく出ました
乳腺が発達し乳首が痛いです睾丸も痛くなります
髪の毛、もみあげが柔らかくなります
基礎代謝が落ちます
太りやすく浮腫みます体臭が変わります匂いに敏感になりました
3年目ホルモンが身体に馴染んでくる
身体は丸みを帯び
より女性らしい身体へ力、体力、代謝がさらに低下顔つきが優しくなりました感情的になったり涙もろくなります甘い物が美味しく感じます体毛が薄くなりました睾丸が小さくなります爪が割れやすくなります手荒れがひどくなりますメイクのノリが格段に上がりますメンズ服のサイズが合わなくなります
4年目身体つき顔つきが完成してきます
くびれがハッキリしてきましたお肌のキメがさらに細かくなるスッピンでいても女性に間違われます
5年目女性として生活できるように
感情が安定しました物事に対してやる気が無くなる
力、体力が益々低下するすね毛が柔らかくなった
2017睾丸摘出後お肌に透明感が増した
血管が目立つようになりました筋肉量が落ち華奢になりましたお肌全体がすべすべになりましたお肌が柔らかくなる
気持ちが少し楽になりました………………………………………あかりの生い立ち
14歳
身体と性別に違和感を覚えるレディースの服を買い始める
15歳美肌の土台をつくるビタミンとコラーゲンを補い始める
17歳母親にカミングアウトホルモン療法を進言、却下される
18歳
一人暮らし開始美白について独学する
20歳
彼女をつくる本格的にスキンケアを開始
21歳自分を見つめ直し男として生活するスキンケア継続中
28歳性別違和を再認識メイクを開始
34歳ホルモンと脱毛開始レディース商品を買い始める
36歳性別違和の診断を受ける家族にカミングアウトするメイクを学ぶ
38歳分籍し、事実上独立する改名する睾丸摘出手術する
39歳『優美高妙』の目標を掲げる………………………………………
あかりの水色時代
女の子ばかりと遊ぶ幼少期
3歳の時にはすでに男の子服が嫌で女の子の服を借りてきてました
小学生の時は親が買ってきたのを選んで着てました
私が違和を感じ始めたのは
中学に入ってからです
骨っぽく成長していく自分が嫌でした
制服も嫌でジャージで送る学校生活
『私はなんなんだろ?』『病気?』
当時はLGBTやGIDの言葉はなく『オカマ』や『ホモ』が主流でしたその言葉が胸に刺さります
そんな時テレビ番組で『性同一性障害』の言葉を知ります心と身体の不一致
私はオカマなんかじゃない!私以外にも苦しんでいる人はいる!少し自信がつき安心しました
やり場のない気持ちそんな青春時代を過ごしました………………………………………私は女性です
〜回覧ありがとう〜あかり
にほんブログ村