Pocket

美白肌のカードも利用できる通販ショップ、売り切れたらもう終わり、再入荷はほぼありませんのでご注意を

新年最初のブログ・・・・  パンパステルのチタニウムホワイトを大々的に使ってみました。ノーマル肌をホワイト肌にするわけではなく色白なノーマル肌を狙ってみました。 なぜこんなことを?SD16「ぴーち☆パイ」Ver,を作っているうちにパンパステルでお肌の調色していたらかなり黄変しているボディーも美白ボディーが作れそう・・・・・そこで今回はあえて黄変が進んでいる3rd「亜美」のボディーをつかってどこまでできるか可能性を探ってみました。  どうでしょう?見事に黄変を隠蔽しました。こうやって並べるとしっかりと美白肌の出来上がりです。ホワイト肌ボディーとはまた趣の違う肌色になりました。ノーマル肌な色合いは強く残っていますが黄色い色を抑えたので透明感がありとてもきれいです。化粧品の宣伝でも黄ばみはくすみの原因・・・・っていいますものね(笑)    こうやって「ぴーち☆パイ」と組んでも違和感なく調整が出来ます。 基本的にはチタニウムホワイトとパーマネント・レッド・シュードを使っています。一部分ブルーをうっすら塗ると奥行き感がさらにまします。やりすぎだと血管が浮き出たような・・・・ じつは数年前にオフホワイトで胸だけ塗装したことがありましたが塗装は面一になり透明感がなく失敗でした。 それにくらべてパステルだと下地がいい意味できれいに見えているので奥行き感として見えるようです。あくまでもパンパステルということが前提です。国産のパステルは透明感がないので上手くいくかどうかわかりません。 この美白肌なボディーは誰の物?もちろんいつもの「亜美」が使いますよ(笑) 心配なのがまさかのここまでホワイト肌になったのでもしかしたら5年たった「亜美」が黄色く目立つかもしれない;;; そうそう書き忘れてることがありました。SD16ホワイトボディーといえども期間限定でまたフルチョできるとは思いますが…あくまですこし色白なボディーとなると設定自体無かったよね。なのでこんな方法もありますとういことをご報告しました。  さて黄変しても・・・・・ここまで上手くいくとは♬しかしやっぱりよく磨いて黄変を取ってからやることにしましょう。そうしないとちょっとでも傷をつけると黄変肌が目立っちゃいますね(笑)      

この美白肌・・・あなただったら、どれを選びますか?

はじめのうちは週に2回位、体調不良が治まる2~3か月後は週1回位の度合いで、プラセンタのアンプル注射をすると効果が得られるみたいです。

実は皮膚からは、常にいくつもの潤い成分が製造されている状態なのですが、お湯の温度が高いと、その潤い成分と言われる肌にとって大事なものが流れ落ちやすくなるのです。

というわけなので、ぬるめのお湯に浸かることをお勧めします。

このところ、様々なところでコラーゲン配合などという語句が聞こえてきますよね。

美容液や化粧品をはじめ、サプリメント、他にはスーパーやコンビニで販売されているジュースなど、見慣れた商品にも混ざっているのです。

老化予防の効果があるということで、この頃プラセンタのサプリが関心を持たれています。

様々な製造メーカーから、豊富なタイプのものが売りに出されています。

美容液は、元来肌を冷たい空気から守り、保湿成分を充足させるためのものです。

肌が必要とする潤いのもととなる成分を角質層に運び、更になくなってしまわないようにキープする重要な作用があるのです。

シミやくすみができないようにすることをターゲットにした、スキンケアの核となるのが「表皮」になります。

そういうことなので、美白肌を目指すというなら、何と言っても表皮に効果的なお手入れを入念に実行しましょう。

自身の肌質に関して誤った認識を持っていたり、合わないスキンケアに誘発された肌状態の異変や厄介な肌トラブル。

肌のためと考えて実践していることが、実は肌にストレスを与えている可能性も十分にあるのです。

肌のモッチリ感と潤いがある美肌を生み出すには、ハリ肌のもとであるコラーゲン、潤い肌に欠かせないヒアルロン酸、また美肌に不可欠なそれらの物質を創る真皮繊維芽細胞という細胞が無くてはならないエレメントになるとされています。

アトピー症状をコントロールする研究に邁進している、非常に多くの臨床医がセラミドを気に掛けているように、美肌に欠かせない作用を持つセラミドは、一般的にデリケートな肌を持つアトピー性皮膚炎の患者さんでも、心配なく使えると聞きます。

数多くの食材に内在している天然物質のヒアルロン酸は、分子が大きい分、体の中に入れても思うように吸収されづらいところがあるということです。

細胞の中において活性酸素が作られると、コラーゲンを作る過程を抑制するので、少々太陽光に含まれる紫外線を浴びただけで、コラーゲンをつくる能力はダウンしてしまうことが判明しています。

カサカサ肌に陥る背景のひとつは、過度の洗顔によって大事な皮脂をあまりにも取り過ぎたり、水分を満足に補えていないといった、不適切なスキンケアだとのことです。

不正確な洗顔方法をしている場合を除外すれば、「化粧水の使用方法」を少しばかり変えることで、難なくぐんぐんと浸透性をあげることが実現できます。

お風呂から出た後は、極めて水分が飛んでいきやすい状況下にあります。

バスタイムの後20~30分ほどで、お風呂に入る前よりも肌の水分量が下がった過乾燥とよばれる状態になります。

お風呂から出た後は、絶対に10~15分以内にたっぷりと潤いを与えましょう。

有意義な働きを有するコラーゲンではあるのですが、歳を取るとともに質量ともに下降していきます。

コラーゲンが少なくなると、肌のふっくらとした弾力感はなくなり、加齢によるたるみに追い打ちをかけます。