Pocket

美白に自信

コメント欄がないせいで、完全に怪しい奴になってるわたくし(´⊙⊙`)。

それでもメッセージをくださる方には感謝しております。

お返事が遅くて無視してる形になるのは嫌なので、さっさとはよ答えろや(笑)って感じやと思うし、一番多い質問を、この記事でお返ししたいと思います!!(°▽°)!!それでもお返事はお返し致します!
Q.韓国コスメはいつもどこで買ってますか?

Qoo10、鶴橋コリアンタウン、大阪にちらほらある韓国コスメ屋でコスメを買うことが多いです(^ν^)
神戸には、ぶっ飛ばしたくなるぐらい韓国コスメ店がない☁︎
一番利用するのはやはりQoo10なんやけど、わたしはせっかちやからはよ欲しい時は、鶴橋やら梅田ESTでちゃちゃっと買っちゃいます

最近すんごいお気に入りでリピしてる美白クリームはミルコットさんで梅田ESTへ走りGET!ほんまに首まで白くなれるんよーーー!Qoo10にはなかった
Q.どうやってペンパルからふんちゃんみたいな真面目な人と出会うんですか?ペンパルに居る人はチャラい人多くないですか?
そんな風にふんちゃんを言ってもらえることがまずめっちゃうれしいです(´;Д;`)!!!!ありがとうございます!!!

ふんちゃんも最初は本間にチャラいイメージがあって、チャラいというより一番最初の第一通がまず、안녕하세요 (こんにちは) 
オンリーやったから、
初めて連絡する人に対してたったの一行とか、お前誰やねんって感じやしなんて礼儀がなってない人なんやろう。って逆にチャラさより礼儀の無さに苛立ってしまったのを覚えていますw(*゚o゚*)w←顔文字うっざ(笑)

それに比べて、名前、住み、年齢、職業、趣味を長文で丁寧に送ってくれる人も居たので、最初はそういう丁寧な人が好印象やし真面目な印象やったんやが、、

今思うと、丁寧な人ほどすぐ怒るしすぐ拗ねる傾向があるんじゃないかと思いましてね!←人それぞれではあるが

歌って〜!なんか頼んでないのに、
サヤカのためにワタシは歌います
とか言ってきて、ボイスのアプリのURL
送ってきて3分56秒も!?なっっがwwwwみたいな人が居た!

あとは、やたらオッパがいるじゃないか!って言うアニメソングを送ってきた人も居た。おらんでええわ。
でも、ふんちゃんは

俺、一言いってめっちゃ歌下手だから歌わないよ!?
って言う残念すぎるほどロマン0パーセントやけどこの人、飾ってないなぁ〜みたいなとこがすごく気に入ってしまい、他の韓国人は一瞬で連絡切ってふんちゃんから告白してもらえる日を待つことにしたあの日!!!←待つなーゆうに(笑)
ふんちゃんが真面目な人の根拠って別に無いんやけども、

あ、この人と未来もずっと一緒に居たいなぁ!とか、この人に自分の全部を出したいなぁ!って心の底から思えた!!

きっとふんちゃんが自然体で居てくれたのは、こっちもいつのまにか自然体で居れたからなんだろーなーと(╹◡╹)

 なんか、ペンパルに限らず変に飾ったりせずにありのままの自分で居ればそういうありのままを出してくれる人を引き寄せるもんなのかもしれないなーと思った!
最初が丁寧でやたら好感持てる優しい方が、必ず良い人と言うわけではないと思うので要注意な気が
ぜんっぜん答えになってなくてごめんなさいね。

なんかまたどんなことでもこんな奴に質問あれば全然してほしいな

最後に。。!
肌荒れヤバかったのにこの3アイテムでかなり改善されております(o^^o)
全部手に持つスタイルは貫くという(笑)

美白 わたしの顔が会社の顔です

12/29
仕事納め。夫のお気に入りのお店でおつかれさまのお夕食。季節ごとに中身の変わるアミューズはボタンエビと黒トリュフ。お酒とグレープフルーツ。31代目のアップルパイはあん肝。
スペシャリテの蕪もせいこ蟹たっぷりのスープも選び抜かれた生産者が丹精込めたお野菜のサラダも、かますの燻製も、甘鯛のポシェも、みんなみんな美しく美味しかったけれど、何と言ってもこの日の鴨とパンは圧巻でした❣️ユリスコランのブラン・ド・ブランで乾杯。ソムリエさんの勧めて下さったラフォンのクロドラバールを開けたかっだけれど、あまりにお高かったので断念^^;かわりに提案していただいた北海道のワイン、ノラポンの可愛いエチケットに一目惚れ。合わせやすい美味しい白でお家にも欲しいわ(入手困難ぽいですが)赤はやはり勧めていただいたプリュレロックのボーヌロマネ2009を。こちらはワインやお料理の相談にもとても親切に対応して下さるし、親しみやすく、でもくだけすぎない節度ある接客が素晴らしいのです。決してお安いお店ではありませんが、大切な日にお伺いしたいお店です。
レフェルヴェソンス03-5766-9500東京都港区西麻布2-26-4 https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13116356/
1年の終わりに。結婚25年目の今年は、6月に夫が内頚動脈乖離からの脳梗塞で倒れるという思いもかけなかった出来事がありました。幸い経過がよくて今は普通に仕事もできていますが、本人の自覚的には少し言葉が出にくくなったそうです。人からはわからないくらい本当に程度は軽いのですが、毎日一緒にいるとやはり言葉がスムーズに出てこないことがあって、本人はもどかしくて時々いらいらしているのがわかる。会話が以前のようにはいかなくて私もついじれったくなる。そんな話をいつだったか友人にしたら「そういう年になったんだね。人生の季節が巡っていくね」と言ってもらって、ああ、そうかととても得心がいったのでした。これまでの25年とはすこし違って、これからの歳月は、少しづつ欠けていく所が出てくるお互いをお互いに受け入れながら生きていくのでしょうね、きっと。それは、春や夏の後に秋がきて冬になるように、本当に自然なことのように今は思えるのです。そして私達のこれからの季節がどうか穏やかで優しいものであるようにと願っています。
今年も一年ありがとうございました。みなさま、どうぞよいお歳をお迎えください。