Pocket

美白対策が人道主義を超える日

最近も、引き続き肌の調子が良い。化粧水と乳液は、アクアレーベルから、NOVのL&Wシリーズに変えた。NOVは敏感肌用のシリーズで、ノエビアグループのブランドである。ゆえに、高い。化粧水の一番しっとりのタイプは、120mlで税抜4800円。乳液は80mlで4500円。だが、冬の乾燥には市販のものでは対抗できなくなったので、急きょ購入して、12月初めくらいから使っている。
で、化粧水に混ぜ混ぜするのだが、以前書いたものに、また付け足している。今はノブのエンリッチローションEX(ここでエイジングケア・保湿・美白対策を取り入れる)に、プリュのエイジングケア用美容液(ここでもエイジングケアを取り入れる)を1プッシュ、同じくプリュのプラセンタ美容液(美白効果)を2滴、それにハーバーのスクワラン(保湿)を1滴、これらを、清潔な手のひらで混ぜ混ぜして、お顔になじませる。ややこしい感じに見えるが、実はチョー時短スキンケアなのである。要は、蓋を全て開けておいてから、いっぺんに混ぜればよいのだ。
敏感肌のアタシでも今のところ荒れはないが、スキンケアはホントに人それぞれなので、よいこは安易にマネしないようにされたい。だが、前にも買いたが、スクワランオイルは髪やネイルにも使えるし、万能で安くて保湿力が高くて、スグレモノである。 
黒田裕美子行政書士事務所 ホームページhttp://www.kuroda-gyosei.com

美白対策が大好き♪

11月8日、『3歳児カリエスフリー85プロジェクト』の講習会に院長ひろや先生と参加してきました

このプロジェクトは、「平成34年度までに虫歯のない3歳児を85%以上に増加させること」を達成するために仙台市で行われています。
3歳までの間に虫歯が1本あると、5歳時には4.8本に虫歯が増えるという調査結果があるそうで、3歳までの間に虫歯を作らないようにすることが大切です

また、虫歯の原因菌であるミュータンス菌はほとんどがお母さんからの感染で、お母さんのミュータンス菌が多いとお子さんの虫歯も多いという研究結果もあります

お母さんのミュータンス菌が少なくても、感染の機会が多かったり、お口の中に糖分があるとお子さんへの菌の定着も早まってしまいます

お母さんのお口の中の状態や生活環境が、お子さんの虫歯リスクを高くしてしまう可能性がありますので注意が必要ですね

そして興味深かったのは、前歯と6歳臼歯に、MIH(新たなエナメル質形成不全)が増えてきているということ。

このMIHの原因が、出生時から3歳までの間のビタミンD不足によるものではないかと考えられているそうです。

ビタミンDは骨や歯を固くしてくれる栄養素で、食べ物から摂取する以外にも、日光を浴びることで作り出すことができます

まだ日光浴のできない新生児は、母乳または粉ミルクから摂取するしかありません。

ところが母乳育児の場合、母乳中のビタミンDが、最大の人でも必要量の1/10以下しか含まれていないのが現状だそうです
日焼けどめや日傘などのお母さんの美白対策が、ビタミンDの合成を阻害してしまっているのです

日なたで15分、手の甲に日光を当てるだけで1日分のビタミンDを合成できるそうなので、ぜひ習慣にしてほしいと思います

また日光に当てて乾燥させているもの、例えば干しシイタケなどにはビタミンDが豊富なので、授乳中は積極的に摂取すると良いでしょう

ちなみに粉ミルクにはビタミンDが含まれていますよ

日々診療をしていても、たしかにMIH(エナメル質形成不全)は増えているように感じます。

硬いエナメル質ができないために、形成不全のある部位は虫歯になりやすいです

MIHに適用できる歯面コーティング材もさっそく仕入れましたので、これからも積極的に虫歯予防をしていきたいと思います
11月8日、いい歯の日にちなんで、デンタルケア商品をご購入の方に、お好きなデンタルグッズをプレゼント中です

11月中はプレゼントを続けようと思いますので、いつもお使いの歯ブラシ・歯磨き粉などは、この機会にご購入くださいね

副院長nobukoさ