Pocket

あなたが創った場所もきっと誰かの思い出の美白対策になる。

▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃
こんばんは!!あおいです♡
最近また暑さが増しましたね……
最強日焼け止め(アネッサ)と日傘で美白対策がんばります😳😳
次の出勤は
18日、21日、22日
になります♡
18日は18時半からですが、
21日と22日は時間未定になってますので出来る限りお客様に合わせたいと思ってます💕
ご予約お待ちしてますね😘
Twitter@x_rosette_x

▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃

「疲れが取れない…」と思ったときに試してみたい5つの美白対策

  日焼け後にできたシミを無くす また,できないようにしたいですよね。  今日は、その為のスキンケアと食品についてお伝えしていきます。  スキンケア  (外側のケア) スキンケアに入る前に、 日焼け後には注意点があります。   1、まず冷やす   日焼けはで赤くなるのは一種のやけどです。 まずはこの赤味やほてり感をとりましょう。 冷たいシャワーをあびて、赤みやほてりのある部分を 濡れたタオルなどのせてひやしましょう。 保冷剤や氷も有効です。 これらを使用する場合は直接は肌にのせないでください。   2、保湿する   紫外線を浴びた肌は乾燥します。 乾燥した肌は敏感になります。 正常な新陳代謝、肌の馬生まれ変わりができない状態になります。 たっぷりの化粧水とクリームをつかいましょう。 この時の化粧水は、エ●アン、アヴェ●ヌ水など 自然に近いものが良いです。 クリームを使うのは入れた水分を逃がさないために 肌に蓋をするためです。 ワセリンも効果的です。 ※肌がひりつく状態では何もつけず、 ひどい場合は皮膚科を受診してくださいね。    3、水分補給を忘れずに   日焼けしている状態は、身体の中もかわいています。 しっかり水分補給をしましょう。 身体全体、一番外側の皮膚までたっぷり水分を補給するイメージです。    日焼け後の肌のお手入れは、 赤みやほてりをまず落ち着かせることから始めます。 いきなり有効成分の高いい化粧品をつけても 効果がないばかりか お肌が敏感になってしまうなど 逆効果になる場合がありますので気をつけましょう。   どんなスキンケアが必要?   美白対策の基礎化粧品を必ず使ってください。 医薬部外品と書かれているものが安心ですね。 医薬部外品は、 薬品と化粧品の中間に位置するものです。 国に申請して効果が認められるものだけが名乗れます  メラニンの生成を抑制したり           薄くしてくれる有効成分  ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、コウジ酸 プラセンタエキス、ハイドロキノン アルブチン、ルシノール、カモミラET  など  ハイドロキノンは成分が強いので、 どちらかというと皮膚科処方  シミはまずは作らないことが一番 なので、 紫外線を浴びたあとは、すぐに美白のお手入れを開始してください。 できてしまったシミについても 根気よく正しくスキンケアを行うことで効果は期待できます。  エステティックや美容皮膚科などの施術の併用もあります。 今回は自宅できるケアを中心にこのテーマは別の章でお伝えします。   食品 (内側からのケア)  皮膚も、髪、爪、筋肉、骨、内臓など 自分を形づくっているものは毎日摂取するもので決まります。 シミを作らない、シミを解消するためには、シミに有効な食品を選びましょう。  シミのための栄養素  ビタミンC  レモン、グレープフルーツ 柿、イチゴ、キウイ ブロッコリー、ピーマン、キャベツ じゃがいも、さつまいも 柑橘類や野菜に多く含まれています。  ただ、  柑橘系に含まれるソラニンという成分は 身体が紫外線を吸収しやすい状態にします。 朝より夜食べるのがおすすめです。  ビタミンCは一定の量しか体内に留められません。 食事ごとにコツコツ摂取がおすすめです。  水溶性で熱に弱いですが、イモ類はどんな調理でもOKです。   ビタミンA  レバー、うなぎ にんじん、かぼちゃ、モロヘイヤ、しそ、焼きのり コラーゲンの生成を促進する効果もあります。   ビタミンE  ナッツ類、植物油、うなぎ、たらこ、かぼちゃ、アボカド ビタミンCと一緒に摂取すると抗酸化力が高まります。   リコピン トマト、スイカ、ピンクグレープフルーツ トマトはとくにリコピンが 豊富な食べ物として有名ですね。 脂溶性なので、生食の場合はドレッシングをかけたり 調理したほうが吸収率はあがります。 ビタミンEの100倍の抗酸化力があります。 また、日本人には身近な緑茶もシミには有効です。 ビタミンC、ビタミンE、βカロテンが多く含まれるので 上手に活用してみてはいかがでしょうか?  また、サプリンメントを活用するのもありです。 どうしても足りないものを補うという意味 においては有効です。 しかし、 基本は自然な食材からという考え方をおすすめします    ビューティ&ヘルシーな生き方は 見た目はとっても重要です!   外側と内側から、上手にケアして しみなど撃退してしまいましょうね。   本日はこの辺で 最後までありがとうございます 次回もお読みくださると嬉しいです