Pocket

美白というと顔のことばかりを考えてしまいがちですが、意外と手も人によく見られています。
シミのないキレイな手で、相手を驚かせてみませんか。
基本的に手も肌の一部ですから、スキンケアの考え方や方法は、顔とさほど変わりません。
ただ、顔と違い、手は1日に何度も洗う機会があります。
もちろん手を洗えば、せっかく塗ったクリームも落ちてしまいます。
そのため、常に塗っておくという習慣をつけることが大切です。
使用するクリームは、通常のハンドクリームより美白クリームの方がお勧めです。
ハンドクリームは肌荒れや保湿対策のものが多いので、美白成分が多く入っているものを使用しましょう。
顔のことを考えると、いきなりクリームを塗るということはしませんよね。
時間に余裕がある場合は、手にもまず化粧水を塗ることをお勧めします。
これにより皮膚が柔らかくなり、クリームが浸透しやすくなります。
化粧水を手に塗る場合は、コットンに含ませてやさしくパッティングしましょう。
さらに時間があるときには、コットンを小さく分けて、指の上、手の甲にそれぞれ乗せ、3分ほどパックするのもいい方法です。
また、せっかく良い成分が入った美白クリームを塗っても、手の血行が悪いと効果はあまり期待できません。
血行をよくするために、ハンドマッサージをするのも美白効果を高める方法としてお勧めです。
もちろん美白だけでなく、UVケアもお忘れなく。
UVクリーム、UV手袋、日傘などでしっかりと紫外線を防ぎましょう。