Pocket

美白対策用の化粧品は良く売れていることなどを見ても、やはり、日本人は色の白い肌に憧れている方が多いのでしょうね。
若い方の間で、一時、ガングロと呼ばれる人が増えた時代もありました。
当時は、真っ黒に日焼けすること、また、日焼けした顔に似合う独特なメイクなどが、若い方の間で流行りましたが、それも次第になくなっていきました。
今はあたりまえのように美白を求める女性がほとんどで、その分、美白を追求した化粧品も売れています。
昔から、色の白さは七難かくすという言葉があるくらいですから、肌が白い女性は、他に何かあっても、色の白さカバーできるということでしょう。
美白対策、美白効果など、「美白」という言葉は現在、美容面では、当たり前のように使われていますが、考えてみれば、日本人の肌の色は白ではありませんよね。
黄色人種と呼ばれている、やや黄色がかった肌の色をしています。
他にも、白色人種、黒色人種などがありますが、白色人種はもともと肌が白いですし、美白にそれほど執着していないようです。
ですから、日本人が美白を求めることは、黄色人種の特徴でもあるのでしょう。
アジアの人に比べても、ロシア、ヨーロッパなどの方は、色が本当に白いですよね。
これは、日本と比べて、あちらは日照時間が少なく、日焼けする時間が私たちより少ないことも関係あります。
そんな海外の方々はせっかく白い肌を持っているのに、日光浴で日焼けすることが好きということもあり、日本人が美白を求めていることとは反対のことをしていますよね。