Pocket

肌を白くする効果は長い目で見れば一緒なのでしょうがが、二つのタイプがある美白対策化粧品の特徴は違います。
ひとつが、肌が白くなることを邪魔している原因を元から改善する化粧品、それから、肌を漂白して白くする化粧品があります。
前者は、美白のために邪魔なメラニン色素の生成を防ぎ、シミやくすみを予防する化粧品です。
美白成分によって、肌の内側から生成を助け、透明な肌に導いてくれる化粧品ですから、安心して使っていただけると思います。
もうひとつのタイプが漂白して、肌を白くする化粧品であり、美白成分が入ったもので、以前、問題となっていた化粧品もあります。
こちらは、出来てしまった濃いシミなどに、スポットでつけるタイプで、使用するとはだがひりひりする方もいらっしゃるようです。
以前、社会的な問題になった、美白対策化粧品も、白斑が出るというトラブルがありましたが、これはスポット的に肌が漂白されてしまったものです。
ですが、美白を目指す人は、肌の全体が白くならないと満足しませんから、この肌トラブルは大きな問題となったわけです。
敏感肌の方でしたら、漂白するタイプではなく、メラニン生成をさえる化粧品をつかったほうがよいでしょう。
美白対策化粧品のなかでも、薬用でしたら、他の化粧品よりも肌に優しい作りになっているので、試す価値もありそうです。
ところで「薬用美白化粧品」という名称は、医薬部外品となっており、医薬品と化粧品のあいだの存在です。