Pocket

美白肌になりたいと思うなら効果的な方法を実践するのと併せ、ストレスは厳禁です。
もちろん美白のためだけでなく、ストレスを溜めることは多くの悪影響を引き起こす原因ともなります。
わたしたちの体はストレスがあると、できるだけそのストレスを感じないように動いてくれています。
これは、自分の体を守ろうとするための機能です。
しかし、ストレスを回避しようと体が動いていると、本来他のところに回るはずの細胞が十分に行き届かなくなってしまいます。
そうなると普段は肌を修復するための細胞もそちら側に回ってしまい、結果として美白から遠ざかってしまうことになります。
さらにストレスを感じている状態では、男性ホルモンが活性化します。
この男性ホルモンはストレス低減に役立つのですが、同時に皮脂の過剰分泌も促します。
また、皮脂の量が多くなると、毛穴を清潔に保てなくなってしまいます。
加えて、ストレスは活性酸素も発生させてしまいます。
活性酸素は体を酸化させ、その結果毛穴が開いてしまう上、肌が老化しやすくなります。
このように、ストレスを溜めることはさまざまなマイナス効果を引き起こしてしまうのです。
もちろん、現代社会で生活する上で、ストレスをまったく感じないように生活するというのは現実的ではありません。
仕事や人間関係で、誰もが何らかのストレスを感じているでしょう。
趣味やレジャーなどで定期的にストレスを発散し、あまり体に溜め込まないようにすることが、肌を守るのには有効な方法ということですね。