Pocket

どのような栄養素が美白に役立つか、ご存じでしょうか。
もちろん基本はバランスのいい食事を心がけることですが、どの食物に含まれる、どの栄養素が何に役立つかということが分かっていれば、意識してそれを摂ることができます。
普段の食事から美容を目指すのが、基本の方法でもありますね。
野菜や果物などに多く含まれているビタミンCには、メラニン色素の原因となる活性酸素を抑制する抗酸化作用があります。
それに加えて、コラーゲンを生成するために必要な栄養素でもあります。
コラーゲンは美白だけではなく、肌のハリを保ってくれる成分でもあるので、しっかりと摂っておきたいですね。
特にビタミンCが多く含まれているのは、ブロッコリー、パセリ、レモン、イチゴなどです。
カキやシジミ、うなぎなどの魚介類や、レバーなどに含まれている亜鉛は、細胞の代謝を高めてくれるミネラルです。
肌は、一定の周期で新しい肌に生まれ変わっています。
この生まれ変わりのことをターンオーバーというのですが、亜鉛はこのターンオーバーの際に必要となる栄養素です。
きちんと亜鉛を摂ることで新陳代謝の効率があがり、美白や美容にとてもいい効果があります。
また、カボチャやニンジン、ほうれん草、小松菜などに含まれているビタミンA、ごま、ナッツ類、青魚に含まれているビタミンEは、それぞれ細胞の代謝を促してくれる働きがあります。
さらに血管の新生を促進するため、十分な栄養や酸素、水分を体の隅々にまで送ることができるようになります。
化粧品やサプリなどに頼るのも方法のひとつではありますが、やはり食べ物からしっかりと栄養を摂って、美白に活かしたいものですね。