Pocket

美白肌を目指すなら、さまざまな化粧品の力を借りる方法もいいのですが、やはり普段食べているものから十分な栄養を摂ることが大切です。
その中でも美白効果が高い食べ物を意識して摂るようにし、美しい肌を目指しましょう。
鮭やイクラ、エビ、カニなどの海産物に多く含まれている天然色素に「アスタキサンチン」があります。
このアスタキサンチンは、自然界に存在するどの色素よりも優れた抗酸化作用をもっています。
そのため、シミやくすみなどの原因になるメラニンを作る活性酸素を抑える働きがあるのです。
さらに色素沈着を予防する効果もあり、美白の効果はとても高いといわれています。
また、米ぬかに含まれている「フェルラ酸」も優れた抗酸化作用があります。
肌に生じた活性酸素を除去する働きがあり、美容業界でも非常に注目を集めています。
米ぬかが多く含まれている食材には、玄米が挙げられます。
玄米はビタミン、ミネラル、食物繊維も豊富で、栄養価が高いという点でも積極的に取り入れたいものです。
ただし、白米と比べると消化しにくい傾向にありますので、よくかんで食べることが大切です。
他には、蕎麦に含まれる「シス・ウンベル酸」もメラニン生成を阻害する働きがあります。
蕎麦は日本人にとって馴染みの深い食材ですので、食べる機会も多いですね。
ですが、アレルギーがある人は十分に注意しましょう。
普段の食事から美白効果を狙うのは、非常に効果的な方法といえるでしょう。
高い化粧品を買う必要もないので、お財布にもやさしいですね。