Pocket

がんばってダイエットをし、理想的なボディを手に入れたとしても、肌荒れがひどければ、せっかくの魅力を活かしきれません。
シミやくすみのない美白を目指すためには、まず適切な方法で洗顔することが大切です。
極力肌に負担がかからないように汚れを落とすことが、美白効果を高めるコツです。
肌の中でも、顔はとてもデリケートです。
そのため丁寧に洗顔をしないと、美白を目指すどころか肌を傷めてしまうことにもなりかねません。
洗顔石けんで顔を洗う場合、まずはしっかりと泡立てることが基本です。
顔につけてから泡立てるのではなく、手で泡立ててから洗顔しましょう。
いくら肌に良い石けんでも、長時間使うと肌にダメージを与えてしまいます。
洗顔時間の目安は、30秒です。
丁寧に、さらに素早く洗顔することが美白に近づく方法です。
また、お湯の温度にも注意が必要です。
冷たい水では汚れが落ちにくいですし、かといって熱すぎるとカサつきの原因にもなってしまいます。
洗顔に適しているのは、38度くらいのぬるま湯です。
石けんを洗い流したら、ふわふわのタオルで優しく水分を拭き取りましょう。
ゴシゴシと強くこすってしまうと、肌が傷んでしまいます。
いくら洗顔が美白につながるといっても、一日に何度もというのは考えものです。
朝と夜の2回で十分でしょう。
朝の段階ではそれほど汚れもついていないので、洗顔料を使わずぬるま湯だけでいいかもしれませんね。
正しい洗顔を心がけ、美白への第一歩にしていきましょう。